スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

2/14の株式市場  2011

日経平均      10,725.54(+119.89)   
TOPIX            959.19( +12.56)   
日経JASDAQ平均 1,332.00(  +6.74)   

東証一部売買高     20.77億株
東証一部売買代金  15,241億円
JASDAQ売買高     51.73百万株

欧米の株高を受けて、東京市場は33業種すべての全面高でした。
中東情勢も落ち着いてきた、と見られているようです。
新興国の好調が伝えられ、世界経済はこのまま回復する雰囲気もありますが・・・。

まだまだ波乱はこれからでしょう。
私はそう思っています。

もし、このままぐいぐい株価が上げていくならば、買いチャンスを逃した私は3ヶ月~1年ぐらい傍観していようと思っています。(もっと長いかも)
腰をすえて取り組むとはこういう姿勢です。
焦ったら負けなのですから。

それはそうと。
日経平均で100円少々の上げでも「おぉっ」という声があるのは、日本の不景気を如実に物語っています。
数字的に言えば、GDP成長率は5四半期ぶりにマイナス成長を記録しており、さらに「世界第2位の経済大国」の称号を正式に中国に譲渡しました。

明るいニュースを渇望するのも無理はない。

でも、最悪だと思える時こそが最大の買いチャンスであることは間違いありません。
もっと市場が悲観的な雰囲気に包まれた時こそがチャンスです。
(そしてもっと安くなった時)
少なくとも私はそう思って市場を眺めています。

ところで、エジプト
ニュースを見ていても表面的なことしか分かりません。
時間が経てば、もっと正確なことが分かってくるように思います。






yuki.jpg 
今日は大雪が降りました。
明日が心配です。



アマゾン ベストセラー


 

スーパー株式道 投資の達人EX ツイッター 禁煙 





スポンサーサイト

2011/02/14 22:08 | 株式COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。