スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

2/4の株式市場  2011

日経平均      10,543.52(+112.16)   
TOPIX            935.36(  +7.79)   
日経JASDAQ平均 1,318.83(  +2.48)   

東証一部売買高     25.55億株
東証一部売買代金  15,983億円
JASDAQ売買高     53.63百万株

日経平均は10,500円を突破して今週を終えました。
意外です。
そして、買いチャンスを待っていた投資家は肩透かしを食らった格好です。

こういう事態に際し。
「こうなれば、ここから買いだ!」と、勇んでツラい思いをした経験があります。
経験の価値は貴重です。
ですから、買いチャンスが遠のいても、焦ったり、あわてたりしないように思考を切り替えることができます。

株式市場に利益だけを求めても拒絶されます。
自分の知性や勉強力を磨き、忍耐力をつけて、マクロミクロに視点を変えて見ることの大切さを学びましょう。
ちょうど親友と付き合うように、時間を共有したいものです。
そんな付き合いによって、驚くほど多くのものを得られることに気づくでしょう。

株式市場がここ5年や10年で終わることはありません。
100年たっても形を変えてあるでしょう。
200年経っても、300年経っても、ありそうです。

ところが、日本の株式市場の歴史はまだ100年程度です。
戦後の大混乱を経て、現状の株式市場の成立を考えると65年程度。
まだまだ始まったばかりと言えるでしょう。

世界で見ると、オランダで世界初の証券取引所が開設されたのが1608年。
歴史は400年ほどです。
その間にバブルとその崩壊を繰り返して現在に至る、と考えてよいでしょう。
世界の覇権は、イギリスからアメリカへ、そして次は中国が有力です。


とにかく、淡々と買いチャンスを待ちながら、利食いを続ける私です。


浮世絵 




アマゾン ベストセラー


 

スーパー株式道 投資の達人EX ツイッター 禁煙 

スポンサーサイト

2011/02/04 23:02 | 株式COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。