スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

11/10の株式市場  2011

日経平均        8,500.80 (▼254.64)
日経225先物     8,490    (▼240   )
TOPIX         730.3 (▼ 19.1)
東証二部指数      2,043.06 (▼ 19.61)
日経ジャスダック平均  1,146.89 (▼ 12.84)
東証マザーズ指数     380.5 (▼  7.61)
騰落レシオ        88.15%  ▼ 1.43%
売買高             19億6348万株
売買代金         1兆1888億2300万円
時価総額           251兆8910億円

イタリア国債の利回りが急騰し、世界の株価が
下落しています。
イタリア発の金融危機を恐れてのことです。

まあ、当然の成り行きと言ってもいいのですが。

我が国も、その点では、今後注意が必要です。

イタリアの借金が多いと言っても、日本の1/5以下。
さらに同国は、プライマリーバランスで、黒字です。

つまり。
比較してみれば、イタリアの方がマシで、
我が国政府の借金の方が膨大で、かつ、どんどん
増える一方だということです。

国民の国債を買う余力にも、限界があります。
そうなれば、ギリシャイタリアより、さらに
ひどいことになります。

増税は不可避。
そして、支出削減も不可欠です。

膨大な借金があるくせに、収入以上の支出をして
生活する人を見て、どう思うでしょうか。

我が国は、今、そんなだらしのない状態なのです。

高齢者の多い我が国。
いつまでも、働かない人をたっぷりの年金で養う余裕が、
国になくなってきていることを真剣に考えましょう。






スポンサーサイト

2011/11/10 22:34 | 株式COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。