スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

12/24の株式市場  2010

日経平均 10,279.19( -67.29)
TOPIX 901.66( -4.12)
日経JASDAQ平均 1,243.30( -3.58)

東証一部売買高 12.83億株
東証一部売買代金 8,824億円
JASDAQ売買高 42.04百万株

今日はクリスマス・イブ、ということで、市場は閑散としていました。
売買代金も1兆円を割っています。
通常、閑散相場は「買い」ですが、現状では騰落レシオのレベルが130%台ですので、様子見というところです。

それにしても、最近はぐっと気温が下がってきて寒いですね。
12月としては記録的な寒さ、とも言われます。

今年の夏の猛暑も記録的で、「猛暑日」なんて言葉が出てきたほどです。
猛暑日=最高気温が35℃以上の日)
でも調べてみると、「猛暑日」という言葉は、気象庁で2007年4月1日から使用されているそうです。
知りませんでした。


さて、私のこのブログは、株式市場と関係のないこともたくさん書いてます。
どういう年に、月に、どういう変化があって、それがどう株価や株式市場に影響したかを後から見ようという狙いがあります。

経験が我々に与えてくれるものはとても貴重です。
同じく、その経験を書き留めておくことも大切です。
人間として、投資家として、我々を大きく成長させるのは、それらのファクターだと私は思っています。

それはさておき。
原油が1バレル90ドル台にのせたようです。
2年数カ月ぶりの水準です。
そういえば、リーマン・ショックの前には、1バレルが100ドルを突破したりしてました。
今回の原油の高騰もまた、おそらく投機資金によるものなのでしょう。
詳しい分析を待ちたいですし、今後の原油価格の動向を注視していきたいです。
金の価格は、相変わらずグイグイ上げています。
現在1オンス1400ドルぐらいです。
スポンサーサイト

2010/12/24 23:56 | 株式COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。